© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです

  • Blog | 強力レーザーポインター専門店のMAX

強力レーザーポインターとは?


日本では出力が1mW以上が危険とされ、国内での販売が規制されています。

では1mW以上が強力レーザーポインターなのか!?

答えは違います。

なぜならアメリカなど諸外国は5mWまで国内販売が可能だからです。

実際に強力レーザーポインターとしての定義は曖昧です。

当店では100mW以上がいわゆる強力レーザーポインターにあたると考えます。

なぜなら目に照射すると網膜に損傷与える可能性が高く、皮膚にレーザー光を当てると

火傷など怪我をするからです。

これらは距離と天候に左右されることもありますがおよそ100mW以上は特に注意が

必要です。


日本国内ではレーザー製品や関連部品は日本工業規格(通称JIS)により、レーザー光線の光強度(最大出力)によって次の各クラスに分類されている。


クラス1 概ね0.2mW(単位:ミリワット)前後の出力。100秒間瞬きせずに直視しても

     問題無いとされる。光線の波長によって出力制限が異なる。主に玩具用。


クラス2 1mW未満の出力。0.25秒間未満の直視は問題無いとされる。

     主にプレゼンテーション用。2001年以降これより上の出力を持つ

     レーザーポインター(正確には電池駆動の携帯用レーザー応用装置)

     の製造販売、及び輸入販売は法律で禁止されている。


クラス3A 法規制以前に販売されていたレーザーポインターやレーザーマーカーなど。

      直視してしまっても瞬きなどで回避できる場合がある。

      望遠鏡などで直視した場合は目に致命的な損傷を与える。


クラス3B 500mW以下の出力。光学ドライブのレーザーがこれにあたる。

     光線の直視はいかなる場合でも避けなければいけない。


クラス4 クラス3Bを越える出力。直視だけではなく、拡散反射でも目に悪影響を与え、

     やけどなどの皮膚障害を起こす。温度上昇により照射部分が発火することもある



近年、間違った使い方で様々な事件で話題に上がることも多いのも確かです。


今年、中国ではレーザー銃などが開発され、世界でも一つの武器として扱われてる

側面もあります。


ではなぜ危険な強力レーザーポインターを販売してるのか。


答えは正しく使えばとても便利な道具だからです。


下記用途説明


・会議やミーティング、プレゼンテーションでの指し棒として

・倉庫で高所や手の届かない場所にある荷物の出庫指示に

・プラントや輸送機器など高温や作動中の危険箇所メンテナンスに、

・スポーツ指導や自動車など機械運転の教官の方に、

・トンネルや橋梁の補修、マンション外壁などの大規模修繕に、

・住宅展示場や見本市会場などで講演や商品説明に、

・電力配線、エアコンやダクト等の配線配管工事の設置経路説明、

・観光ガイドや工場見学でお客様にポイントを指し示して説明


そのほかに大学の研究等にも使われてます。


実際当店のお客様に大学関係者や企業などがほとんどです。


以上強力レーザーポインターをお買い求めの際には周りに充分な配慮をし

正しく安全にお使いください。




#強力レーザーポインター 



128回の閲覧