© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです

超強力ブルーレーザーポインターS3000B

新製品の5000mWの発売に伴い値下げをしました。

 

■この商品に関しては大変危険ですのでレーザーに対する知識がない方や18歳未満の方にお売りすることができません。

レーザーポインターの核心部分は信頼の日本製ダイオードを使用 (日亜化学工業社製)


高価なダイオードを守るため放熱性に優れた銅を採用。コストは高いですがダイオードの寿命が伸びます。

スマート回路搭載により連続照射時間も大幅にアップ。

熱でダイオードが壊れることを防げます。

銅素材のため酸化しやすい欠点があり
オプションで酸化しづらく強度にも優れてる白銅がお勧めです。
防水防塵仕様で防水性に優れ、ホコリに強い防塵ガラスレンズ採用。驚異の3Wレーザーポインター。

防水テスト動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=LtWRbGLn8cU

目の保護の為必ずセーフティゴーグルを着用ください。
焦点調節も可能ですので色々な実験にも使えます。
延長筒を外せは長さ13cmのコンパクトサイズになります。

BlueLaser-S3000B

¥39,800価格
本体
  • 製品概要 >

    商品名
    ブルーレーザーポインターS3000B
    出力・価格
    3000mW 39,800円
    本体サイズ
    φ24×276mm
    重さ
    400g (電池含まず)
    波長
    445nm
    焦点調節
    可能
    照射タイプ
    スイッチボタンを1回押すと指を離しても照射が持続される
    素材
    表面加工
    バフ研磨仕上げ(わずかに映りこむ程度のツヤ消し研磨)
    本体カラー
    銅色 白銅色
    電池タイプ
    16340リチウムイオン電池  2本 (付属しません)
    延長筒:18650リチウムイオン電池  2本 (付属しません)
    付属品
    充電器 簡易保護ゴーグル
    レーザーソード
    オプション
    動作環境温度
    5℃~+35℃
    保管環境温度
    -10℃~+50℃
    ダイオード寿命
    5,000時間
    連続照射時間
    推奨90秒程度
    IR Filter
    装着不必要
    保証期間
    1年
    お届け日数
    4~6日間
    SKU: 0010
  • 保証の意味

    MAXレーザーが定める使用規定に基づき、正しく使用した場合の保証制度です。

    保証期間内の送料

    • 初期不良の場合 (商品到着後5日以内)
    • MAXレーザーが往復の送料をすべて負担します。
    • 初期不良以外 (商品到着後5日目以降)
    • MAXレーザーまでの送料はお客様にてご負担ください。
    • 当店からお客様への送料は当店が負担いたします

    保証期間内のおける保証対象外の場合

    明らかに規定に反した使用方法で故障した場合

    保証期間終了後

    有料で修理が可能です。実費修理費用のみで商品の修理をいたします。但し、往復送料はお客様にてご負担ください。

     

    レーザーポインターの出力低下を起こす要因


    ・ 環境温度が低すぎる場合
    ・ 長時間不使用
    ・ 過度の長時間の連続照射
    ・ レンズの汚れ
    ・ 連続照射後に十分な冷却・放熱時間をとらなかった

    レーザーポインターは内部にダイオード、IC回路など精密機器などが入っていますので取り扱いには細心の注意をお願いいたします。
     

    レーザーの個体差


    レーザーポインターは一部手作業での工程があり
    また、ダイオードには個体差があります。
    なので全くに同じ出力を持つレーザーポインターを作成することができません。
    出力は個体により多少の違いがありますので
    予めご了承くださいますようお願いいたします。
     

    電池容量不足による出力低下

    当然ながら電池内の容量が不足していますとレーザーポインターの出力も低下します。 単4電池の場合はアルカリ電池を推奨いたします。

     

    MAXレーザーでは、製品に対する以下の行為を禁止しております。

     
    1、過度な連続照射。(通常は2分を超えない)

    2、説明書に記載されている注意事項に反する行為。

    3、分解・改造。

    4、強い衝撃、落下・水没・外部より通電をさせる。

    5、電池を誤った位置に入れる。

    6、その他、製品に対して社会的に一般常識と認められる範囲以外の行為を行う。

    以上

    上記の行為を製品に対して行った場合、MAXレーザーの製品保証の対象になりません。