© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです

高出力レーザーポインターは日本国内での販売は禁止となっておりますしかし個人輸入による購入ご使用に関しましては違法ではありません。しかし日本国内での販売禁止製品ですので、使用には細心の注意、周りへの配慮が大切です。

弊社(https://www.maxlaser.jp/では皆様の輸入に関する不安・ご使用共にご安心してご使用いただけるよう
製品検品 製品保証に力を入れております。
「安心輸入」「安心使用」をモットーに皆様に今後ともご提供できるように日々改善努力をしてまいります。

高出力レーザーポインターは、ご使用方法を間違えますと大変危険な製品の為18歳未満の方への販売は弊社ではお断りしております。お客様へ置かれましても、代理購入などはなさらないようにお願いいたします。転売なども出来ませんのでご注意ください。

個人輸入」とは

弊社はレーザー製品を専門に販売する中国の事業者で、日本人経営の中国現地法人です。 世界各国へレーザーポインター、レーザーモジュール、レーザーダイオードなどを販売・お届けしており、 日本やドイツ、アメリカなどにも供給されている高品質でリーズナブルなレーザーポインターなども販売しております。

当社で商品を購入された場合、中国からの発送となる為、お客様の個人輸入となります。

もちろん、会社や団体などでも個人名であれば​個人輸入になります。

「個人輸入」とは?


「個人輸入」 なんだか途端に「難しそう・・・」「大変そう・・・」「ちょっと胡散臭い・・・」(笑) という印象を受けるかたも多いかと思います。

税関のWebサイトでは、個人輸入について
「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」であると説明されています。

 

1.当社HPより商品の購入、支払完了
2.弊社より、発送の準備
3.弊社より、発送
4.国際宅配便業者にて、代行申告(税金が発生した場合納税)
5.税関にて輸入許可
6.日本国内提携宅配業者にてお客様の元へ宅配
7.着払い請求がある場合 (4番にて検査があった場合のみ)

通常は日本税関で発生した関税、検査料等となります。
配達会社スタッフは個別荷物の関税のことまで把握していないようですので、ただ単に「着払いで○○円です」伝える場合が多いようです。尚、関税等は日本税関の判断で税率に照らし決定さます。また、関税等が発生しない場合もあり、やはり日本税関の判断でその都度違いますので、一概にどれくらいの関税がかかるかはっきりしたことは当店ではご説明できかねる内容となります。

尚、関税等は当店がお客様に請求するものではございませんので、請求に対する請求書等の各種書類の要求、またはお問い合わせは日本税関もしくは通関代行会社までお問い合わせくださいませ。通関代行会社は伝票上の送り主になっている場合が多いようです。尚、関税等の日本税関で発生する費用は輸入者であるお客様のご負担となりますのでご了承くださいませ。

・日本税関
http://www.customs.go.jp/

以上が簡単な配送の流れとなります。